規約に基づく規則

規約に基づく規則

規約第6条(会費及び管理費の徴収)に基づく規則

会  費  規  定

管理一時金

新たに組合員として入会する者は、管理一時金として金100万円を披露山庭園住宅団地管理組合法人に支払うものとする。但し平成16年6月1日現在の土地所有者が入会する場合はその限りではない。

会費

会費(月額)は、組合員一律とし一区画当り9,000円とする。

管  理  費  規  定

管理費(月額)は、50坪を単位として計算し、組合員が所有又は貸借する土地を50で除した整数値(小数点以下は四捨五入)に500円を乗じた金額とする。

環 境 維 持 費 規 定

環境維持費(月額) は、不在地主の土地の除草清掃費用として徴収するもので、一区画当り基本料14,100円とし、50坪を単位として計算し、不在地主が所有する土地を50坪で除した整数値(小数点以下は四捨五入)に500円を乗じた金額を加算したものとする。

[納付方法]

管理一時金は、新たに組合員となった日から1ヶ月以内に、披露山庭園住宅団地管理組合法人が指定する金融機関に納付するものとする。
会費及び管理費,環境維持費は前納とし、原則として口座引落とする。
万一、管理一時金,会費及び管理費,環境維持費の支払いを遅滞した場合は、未払い者に対して披露山庭園住宅団地管理組合法人は、遅延損害金を請求することができる。
遅延損害金は、未払い金額について年利10%の利率を乗じて計算した金額とする。

昭和60年5月12日施行
平成25年5月19日改訂
平成26年5月18日改訂
2016(平成28)年7月1日改定

規約第34条(経理規則)に基づく規則

披露山庭園住宅団地管理組合法人
“経 理 規 則” 要 綱

この要綱は披露山庭園住宅団地管理組合法人規約第34条に定める”経理規則”の骨子を定めたものである。

披露山庭園住宅団地管理組合法人(以下「団地管理組合法人」という。)が、その目的とする組合員の共同の利益の増進、良好な住宅環境の保持及び快適な共同生活の確保を達成するためには、公正な経理と強固な財政基盤を確立する必要がある。よって、”経理規則”の作成に当っては次に掲げる原則に準拠するものとする。

  1. 団地管理組合法人の経理基準は、「公益法人会計基準」(総理府によって公表)を準用するものとする。
  2. 会計帳簿等の管理、資金の運用、物品の受払等において合理的な内部けん制制度を確立するとともに、外部監査人による定期的会計監査を導入することにより、決算報告ならびに日常の経理についての組合員の信頼を高める。
  3. 団地管理組合法人設立時における資産・負債の開示残高は、同日における披露山庭園住宅自治会の帳簿に記載された残高を継承するものとする。
  4. 団地管理組合法人規約第5条に示された日常管理業務の一切は、組合員ならびに土地保有者からの会費、管理費、環境維持費、ならびに、臨時収入および前期繰越金の枠内で実施することを原則とする。
  5. 銀行預金、貸付信託受益証券その他の債券等の利息は設備維持準備金特別会計に繰入れ、一般会計と区分経理するものとする。設備維持準備金は、災害復旧、設備の更新、その他臨時の巨額環境維持のための支出に備えるものであり、その取り崩しは総会の決議によるものとする。

以上
平成18年4月1日改訂施行

規約第1条(目的)良好な住宅環境の保持を増進するための規定

建築協定遵守の規定

(建築協定の遵守)

組合員は、「逗子披露山庭園住宅地区建築協定書」及び「建築に際して守るべき事」の目的と内容を尊重し、庭園住宅地としての環境を高度に維持増進することに努めなければならない。

平成25年5月19日施行

***********************************

その他の規約に基づく規則
(内容は、会館 管理事務所でご確認いただけます。)

規約第34条(経理規則)に基づく規則
経理規則 昭和60年5月12日施行

規約第35条(就業規則)に基づく規則
就業規則 附 退職金規定 平成20年5月18日施行
パートタイム労働者就業規則 平成20年5月18日施行

規約第1条(目的)快適な共同生活の確保に基づく規則
披露山庭園住宅団地管理組合法人会館使用規則 平成21年5月17日施行


※ 印刷用には、こちら(PDF)をご利用ください。